支払督促とは?|債務整理がわかる!ガイド

支払督促とは?|債務整理がわかる!ガイド

支払督促とは?|債務整理がわかる!ガイド

支払督促とは金銭債権などを迅速に処理するために設けられた裁判所の制度のひとつです。
債権回収を行うには、権利確認の訴訟をして勝訴し、その後にその判決を根拠に強制執行の申し立てを行うというステップを踏まねばなりません。支払督促はそれを原則書類審査のみとして、書類に問題がなければ差し押さえを認める制度となっています。
支払督促の申し立てがあると債務者には2回、異議申立てをするかどうかの通知が送られます。そこで異議申立てをすれば通常の民事訴訟、つまり裁判になります。支払督促の申し立てを受けた側は異議申立てをして裁判で債権者と返済額などについての交渉を行い、和解することになるでしょう。この異議申立てには理由が必要ですが、お金がなくて払えない、といった普通の理由でも十分です。とにかく異議申立てをすることが大切で、これを行わないとそのまま差し押さえが実行可能になってしまいます。裁判所からの通知には大きく送達と書いてあるため、くれぐれも見落とすことのないようにしましょう。
また異議申立て後は裁判手続きで解決をすることになります。スムーズに解決を図りたいのであれば、支払督促の通知が届いた時点で弁護士に相談するのも良いでしょう。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ