差し押さえとは何ですか?わかりやすく説明!|個人再生の流れ.com

差し押さえとは何ですか?わかりやすく説明!|個人再生の流れ.com

差し押さえとは何ですか?わかりやすく説明!|個人再生の流れ.com

借金を返済せず金融業者の督促にも何の対処もしていないと、差し押さえにあうことがあります。
差し押さえというとドラマでよくある、業者が家に来て家財道具に差し押さえの札をはるというイメージを持っている人がいますが、実際に多いのは銀行口座や給与の差し押さえです。特に会社に勤めている場合には給与の差し押さえはもっとも確実にお金を返してもらえるので、よく行なわれています。給与の差し押さえは全額ではなく、生活に必要と法律で決まっている額は残しておいてもらえますが、会社には裁判所から通知がいきます。
銀行口座の場合には差し押さえにあうと口座に残されていた現金が全て引き出されて借金の返済にあてられます。
住宅ローンを滞納している場合には、家が差し押さえにあい競売にかけられるという事がよくあります。差し押さえにあっても、まだ借金が残っている場合には返済義務は続きます。
こういった場合、差し押さえ通知書が届いた段階で弁護士に相談して金融会社に交渉すると差し押さえを避ける事ができます。また借金の額を減らしてもらったり、毎月の返済額をもっと楽に払える金額にしてもらえるので、借金の返済が楽になります。借金を滞納している段階で弁護士に相談するのがベストな選択ですが、差し押さえの通知書が届いてからでもまだ間にあいます。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ