債務整理とは何ですか?メリットデメリットは?|個人再生の流れ.com

債務整理とは何ですか?メリットデメリットは?|個人再生の流れ.com

債務整理とは何ですか?メリットデメリットは?|個人再生の流れ.com

債務整理の種類による違いは主にそのメリットとデメリットの大きさです。基本的に借金の減る額が大きいなどメリットが大きい手続きには重いデメリットも付きまといます。債務整理のメリットとデメリットはだいたい比例すると考えておいて良いでしょう。
借金の額がそれほど多くないならば選択すべきは任意整理か特定調停です。この2つは財産の処分が必要でなく、整理する債務を選べるなどの柔軟性もあります。その反面、債務は半分から3分の2ほど残ってしまうのでそれをきっちり返済していく必要があります。
任意整理や特定調停では解決しきれない金額の借金になると個人再生や自己破産が選択肢となります。自己破産は借金の全額、個人再生は借金の8割が免除になりますが、財産の多くを手放さねばならないので住宅や貯金のほとんどを失うことになります。またこの2つの方法は官報に住所氏名が載ってしまうので、プライバシーという観点においてもデメリットがあります。自己破産の場合はさらに住宅の競売情報が出回るため、世間体を気にする方は肩身の狭い思いをすることになるかもしれません。
このように債務整理にはそれぞれメリット、デメリットの軽重があります。早めの債務整理ならば借金の額も少なめで済むためデメリットの少ない方法を選びやすくなります。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ