債務整理するとどうなる?今後の生活※流れ・期間・費用

債務整理するとどうなる?今後の生活※流れ・期間・費用

債務整理するとどうなる?今後の生活※流れ・期間・費用

様々な事情でやむを得ず債務整理をすることになった場合には、債務整理を行うことで迷惑がかかってしまう連帯保証人のことを考えて行動する必要があります。

債務整理の方法は、任意整理から自己破産まで様々なタイプがありますが、特に注意しなければならないのは、「民事再生(個人再生)」と「自己破産」の場合です。

自己破産は、裁判所の決定によって借金の免責が確定すると、借金を支払う必要はなくなりますが、免責されるのは手続きを行った本人のみなので、免責確定後、連帯保証人に債権者が押し寄せることになります。
また、個人再生は裁判所の決定によって債務者が支払う債務が大幅に減額されますが、債権者はその不足分の補填を連帯保証人に求めることができるので、注意が必要です。

連帯保証人が返済する場合には、債権者との話し合いで分割払いにしてもらうことも可能ですが、多くの場合、債権者に一括返済を求められ、支払えないときには強制執行によって取り立てが実行されてしまいます。
十分な財産を持っている場合にはすぐに借金を返済できますが、そうでない場合には、連帯保証人も債務整理の手続きをすることで借金の取り立てをストップさせることが可能なので、強制執行が行われる前に素早く対処する必要があります。

また、任意整理や特定調停などの民事で利息を免除してもらう手続きでも、連帯保証人がいる場合には債権者が利息の支払いを要求してくる可能性もあるので、債務整理を検討しているという方は、迷惑をかけてしまう可能性のある保証人と弁護士事務所を訪れ、十分な対策をしておくことが大切です。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ