債務整理と連帯保証人の問題※個人再生・自己破産

債務整理と連帯保証人の問題※個人再生・自己破産

債務整理と連帯保証人の問題※個人再生・自己破産

債務整理とは借金問題を抱えている人が行うことのできる解決策の一つです。
これには任意整理や民事再生、自己破産と言ったような様々な手段がありますが、どのような方法を選んだにしろ債務の軽減や免除と言ったような形で生活の再建を図ることができるようになります。
とはいえ、債務整理が合法な手段であるとはいえ、最初に結んだ契約の内容を変更しているということは間違いありません。
そのため、債務整理をするというような場合には様々なポイントに注意をしなくてはならないのです。
中でも特に注意したいのが「連帯保証人」がいるケースです。
連帯保証人とは保証人の中でも特に重要な役割を持つ人であり、その役割はほぼ、お金を実際に借りた債務者と同等として扱われることになります。
そして債務者が債務整理を行ったという場合、連帯保証人に対して請求が行くということもあり得るのです。
そのため、もし連帯保証人を立てた債務があるというような場合なのであれば、債務整理を行うよりも先に連帯保証人に対してその旨を告げることが必要になります。
もちろん告げなかったから債務整理ができないというわけではないのですが、連帯保証人になってもらったのであれば、迷惑をかけるかもしれない以上は伝えるのがマナーです。
もし連帯保証人を立てての債務があるような場合なのであれば、安直に債務整理という手段を選ぶのではなく、まず別の手段がないかということを弁護士などに相談するようにしましょう。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ