債務整理の費用ってどのくらいかかりますか?|個人再生の流れ.com

債務整理の費用ってどのくらいかかりますか?|個人再生の流れ.com

債務整理の費用ってどのくらいかかりますか?|個人再生の流れ.com

4つの債務整理には様々な特徴がありますが、かかる費用の違いもそのひとつです。
自己破産の場合、裁判所に納める金額が同時廃止事件で1万5,000円~5万円、管財事件では55万円~(少額管財事件なら25万円~)が必要になります。さらに弁護士に手続きを依頼すると20万円~40万円の費用が発生します。
個人再生も費用が高くなります。裁判所に支払うお金は2万5,000円程度ですが、個人再生委員が選任されると報酬として20万円から30万円を追加で支払うことになります。さらに弁護士費用が40万円~50万円かかります。弁護士に依頼していると個人再生委員への報酬が減額されたり、委員が選任されず報酬が必要なくなることもあります。
特定調停はその大きな特徴として費用が格安ということが挙げられます。申し立ての費用は債権者が1社あたり500円です。そのほか切手代が1500円必要となり、債権者1社ごとに250円ずつ増えていきます。もし弁護士に依頼する場合は、別途1社ごとに2万円~4万円の費用がかかります。
任意整理は裁判所を利用しない手続きなので裁判所にお金を支払う必要はありません。ほとんどの場合で代理人を立てて交渉することになるので、弁護士費用が費用の大部分ということになります。相場は1社あたりの着手金(と報酬金)で4万円程度、さらに減らせた借金の額の10%、実費代として1万円ほどが請求されます。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ