任意整理の流れやメリット・デメリットについて※体験談

任意整理の流れやメリット・デメリットについて※体験談

任意整理の流れやメリット・デメリットについて※体験談

任意整理はほぼすべての手続きを弁護士や司法書士に任せられる債務整理方法なので、非常に簡単です。流れとしては、まず弁護士と会って任意整理先の業者を伝えます。つまり、どの貸金業者の債務を整理したいのかということを決めるわけです。任意整理の場合、お金を借りている会社とすべて交渉して和解しないといけないと決まっているわけではなく、債務者側が和解先を自由に決められるので、クレジットカード会社とは和解交渉をせず、カードローン会社とは和解交渉を行うという風なことが可能です。
そして、整理したい債務をどれぐらいの期間で返済するのかを決めます。ただ、いきなり返済期間を聞かれてもなかなか決められない場合もあるので、弁護士にアドバイスを求めるといいでしょう。そうすれば、弁護士は現在の収入を聞いてくるのでそれを伝えるとこれぐらいの期間で返済出来るのではないかと目安の期間を教えてくれます。その期間で問題ないと思ったらそのまま決めて、もし、期間に問題があればそれを伝えて調整するといいでしょう。
流れの中で債務者が決めることはこれぐらいで、その後は弁護士が貸金業者と交渉を行って、和解が成立したら返済を始めるということになります。
どの貸金業者に毎月いくら支払えばいいのかということについては、和解交渉の後に弁護士から書類が送られてくるので、それを見れば書いてあります。あとの流れは、そのスケジュールに従って返済するだけです。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ