任意整理の完済後※個人再生体験談について知りたい

任意整理の完済後※個人再生体験談について知りたい

任意整理の完済後※個人再生体験談について知りたい

消費者金融業者におけるカードローンのサービスや、信販会社のクレジットカードなどのサービスは、申し込みを行った後にそれぞれの金融業者によって審査を受けることになります。
審査では年収や年齢などの個人情報を元にして返済能力が確認されることになるわけですが、信用情報についても大切な審査基準になります。
信用情報とは過去の借り入れ履歴においてきちんと返済期限を守って支払いを行ったかなどの情報のことで、過去に任意整理などの債務整理を行っている場合には審査が通りにくくなります。
任意整理とは借金の返済が難しくなったときに行える法律的な手段のことで、裁判所を経由することなく弁護士などに依頼することで債務者の代理人になってもらって、金融業者と交渉を行うことで金利のカットや、借金の減額が行えるような和解をする手続きとなります。
任意整理の手続きを行うことで、借金の金額を返済可能な金額まで減らせることができるようになり、毎月の返済計画を立てて支払いを行っていきます。
任意整理のデメリットとしては、信用情報機関においてブラックリストとして登録されてしまいますので、クレジットカードなどの新規の借り入れを行う際に審査の過程でチェックされることで、新しく借り入れ契約ができなくなることが挙げられます。
信用情報機関にブラックリストとして登録されている期間は、およそ5年程度と言われていますので、少なくとも完済後5年程度はクレジットカードを作ったり、消費者金融業者からのカードローンを利用することができなくなると考えておいたほうが良いでしょう。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ