任意整理の保証人とは※無料相談で解決した体験談など

任意整理の保証人とは※無料相談で解決した体験談など

任意整理の保証人とは※無料相談で解決した体験談など

借金をする場合には、保証人を付けることがよくありますが、債務整理をした場合、どんな債務整理であろうとも少なからず保証人に迷惑をかけることになります。特に、自己破産や個人再生の場合は、すべての債務を免除されることになりますので、免除された分は、その債務の保証人に支払い請求が行くことになります。債権者が一括請求することもできますので、相当な迷惑をかけることになります。
これに対し、任意整理の場合には、整理する債務を選択することができますので、連帯保証人のついている債務についてはそのまま残して債務整理することができます。ただし、それでは問題解決にならない場合には、どうしてもすべての債務についても任意整理したいということになります。その場合には、連名により任意整理することが可能です。任意整理の場合には、連帯保証人も同時に代理依頼する委任状を作成し弁護士に渡すだけで実施することができます。連名にする費用も本人だけで依頼するケースとさほど変わらないので金銭的な負担もありません。
債務者本人が、連名による任意整理で得られた返済内容をきちんとしていれば、保証人に債権者から請求が行くことはありません。合意した約束通りにきちんと返済していけば、金銭的に迷惑をかけることはありません。しかしながら、この場合には保証人も連名とは言え、任意整理したことになりますので信用情報、いわゆるブラックリストに載ってしますことは避けることができません。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ