任意整理後の自動車ローンは組める?※弁護士無料相談

任意整理後の自動車ローンは組める?※弁護士無料相談

任意整理後の自動車ローンは組める?※弁護士無料相談

消費者金融や銀行のカードローンなどで多額の借金が膨らんで返済のめどが立たないといった際に、弁護士や司法書士を通して債務整理を行うことがあります。
この債務整理とは、借金の返済を不要にする自己破産や、払い過ぎたお金が戻ってくる過払い請求、住宅などの財産を差し押さえられることなく借金を返済できる自己再生、借金の総額を減額して裁判所を通さずに返済できる任意整理があります。
任意整理はデメリットが少なくメリットが多いのですが、ブラックリストには載ってしまいますますので任意整理後は、しばらくの間は借り入れができません。
住宅ローンや自動車ローンを組むことができないのはもちろん、クレジットカードを使用することや少額の借り入れも不可能です。
任意整理後にはブラックリストに登録されているので、ブラックリストと呼ばれる信用状機関の情報には、返済の遅れや破産などの情報が登録されているのです。
一人ひとりの返済状況が保管されているため、ローン会社、クレジットカード会社や銀行などは、本人が信用できる人物なのかを顧客情報に基づいて審査することになるので、任意整理をしたという情報が登録されていると借入することが不可能になります。
しかしブラックリストに登録されているからといって、一生借入できないというわけではありません。
任意整理後にブラックリストに登録されていたとしても、借入金の完済後は登録されている情報は約5年程度で削除されます。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ