任意整理の期間や流れ※デメリットについて無料相談

任意整理の期間や流れ※デメリットについて無料相談

任意整理の期間や流れ※デメリットについて無料相談

借金を整理できる債務整理には、色々な種類があります。

その中でも裁判所を通さず行えるのが、任意整理です。
債務整理の中には自己破産や個人再生のように、裁判所に申し立てを行い借金を整理する方法もあります。
申し立てが認められた場合は借金を整理出来ますが、裁判所でのやり取りがあるので、借金を整理できるまでの期間は長めです。

一方、任意整理は裁判所に申し立てを行う必要はありません。
直接、債権者と和解交渉を行い借金を減額する為、借金を整理するまでにかかる期間は、自己破産や個人再生と比べ早めとなっています。

ただし、個人で任意整理を行った場合は、債権者との話し合いに時間がかかる為、借金を整理するまでにかかる期間が長くなるどころか、借金を減額する事すら出来ないケースもある為、その点は注意しましょう。

よりスムーズに任意整理で借金を整理する場合は、法律のプロである弁護士や司法書士に依頼する事をお勧めします。
債務整理に強い弁護士や司法書士に依頼した場合、約3か月程度で借金を整理する事が可能です。

どのくらい任意整理で借金を整理できるかは、引き直し計算という計算を行わなければ分かりません。
しかし、取引が長ければ長い程、借金が減額されるケースが多く、5年から7年程取引があった場合は、50%ほどの減額がそして10年以上取引があった場合は、ほとんど借金が無くなるケースもあるなど、任意整理は借金問題を大きく解決できる債務整理となっています。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ