任意整理と過払い請求の違いはなんですか?

任意整理と過払い請求の違いはなんですか?

任意整理と過払い請求の違いはなんですか?

任意整理は次のような流れで行います。必ずしもこの方法で行われるということではありませんが、基本的にこの内容に沿って債権者と交渉することになります

まず弁護士に依頼して、債権者側に受任通知書を発行して貰います。これが無ければ借金を返済し続けることになってしまい、任意整理に踏み込むことができません
基本的に弁護士に依頼して行う方法ですので、必ずこの通知書を発行して貰いましょう。これで借金の返済は一時的に消滅します

次に弁護士の方に利息などを元に戻したうえで計算して貰い、本来返済すべき金額を算出します。これを3年に分けて返済することを考え、債権者との交渉に当たります
過払い金が発生している場合はこの時点で請求し、元に戻すことになります。こうした本当に返済すべき金額のみ、債権者との交渉で返済することになります
債権者との和解が取れれば、その内容に沿って返済をしていくことになります。必ず3年で返済しなければなりません

任意整理はそんなに期間が必要だという方法でもありませんので、3ヶ月もあれば終わると思います
後は交渉次第で短くすることもできますが、無理な交渉は債権者の和解が取れないので難しくなります。バランスを取ることが大切ですよ

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ