公務員の個人再生について

公務員の個人再生について

公務員の個人再生について

個人再生とは?

個人再生とは住宅ローン以外の借金を5分の1程度に圧縮して、3年から5年かけてそれを返済していく債務整理の方法です。

債務整理は個人再生だけではありません

債務整理には、個人再生・自己破産・任意整理・特定調停の4種類があります。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、どう解決したいかによって最適な方法は異なります。

 

無料診断ツールがおすすめ!

法律事務所が運営するシミュレーションツールを使えば、簡単にあなたに合った債務整理を調べることができます。
匿名・無料なので安心してご利用できます♪

 


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

 

公務員は個人再生に向いてる?

個人再生は、借金があっても家を手放したくないという人に向いている方法です。
そのため、安定した収入がある人が対象になります。
安定した収入があるという事が条件なので、公務員の場合は個人再生に向いていると言えるでしょう。

 

個人再生のメリット

個人再生することで借金の額が減るので毎月の返済額も減り、楽に生活できるようになるというのが大きなメリットです。
家も手放さずにすみますし、周囲の人に知られる心配もありません。

 

個人再生すると官報という政府の発行している新聞のようなものに名前が掲載されますが、官報を見る人はほとんどいないので、まず影響することはないでしょう。

 

公務員が個人再生する際のデメリット

個人再生は一見メリットしかないように感じますが、公務員の人が個人再生する場合デメリットもあります。

 

公務員は給料が高い人も多いので、預貯金や不動産などを沢山持っている場合があります。
個人再生は借金の総額によって最低弁済額が決まります。
したがって、最低弁済額以上の財産を所有していたり、2年間の所得が最低弁済額以上になると返済額が高くなります。
また、個人再生をすると信用情報会社に事故情報が登録されるので、5年から10年はローンを組む事ができなくなってしまいます。

期間は信用情報会社によって違いがありますが、早ければ5年でクレジットカードが作れたりローンで買い物ができるようになります。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ