個人再生参考書式は?※債務整理手続きのポイントとは?

個人再生参考書式は?※債務整理手続きのポイントとは?

個人再生参考書式は?※債務整理手続きのポイントとは?

何らかな事情で大きな負債をかけることになってしまい返済することが難しいという場合に選択することができる選択肢として、個人再生という方法が選べるようになったのは2001年からのことです。それまでは何とか返済をするか自己破産の道を選択するしかありませんでした。しかし自己破産というのは現在の負債を帳消しにしてもらえる半面、非常に大きな代償を支払うことになります。もしも自己破産申請時に土地や家屋などの資産を持っていた場合は没収となります。生活のための最低限の基盤ではありますが、それを維持することは認められないのです。
個人再生手続きも自己破産と同じように裁判所への申し立てが必要になるのですが、その申請の書式は非常に複雑であることが知られています。そのため個人再生手続きを行うのであれば書式作成のために弁護士や行政書士との協力が必要になることが多いのです。他の申し立てでも同じような構造は存在していますが、個人再生の書式は素人が自分で行うには少しハードルが高いものであるという認識はしておくべきでしょう。そのため個人再生手続きをする際には法律の専門家を雇って作成を代行してもらうことになります。どこのだれに頼むかによって報酬額は異なりますが、概ね15~25万円であるケースが多くなっています。たかが書式と感じる人もいますが、全ての手続きのために必要なものになりますのでしっかりと準備しておくことが望まれます。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ