個人再生についての失敗とは?※個人再生の流れ手続き

個人再生についての失敗とは?※個人再生の流れ手続き

個人再生についての失敗とは?※個人再生の流れ手続き

多額の借金を抱えて、利子の支払いに追われる日々は辛いものです。
借金に苦しんでいる人は、多いです。
どうしても、支払う事が出来なければ債務整理という方法があります。
債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産という形があります。
債務整理を行う場合には、プロである司法書士や弁護士事務所に相談した方が、失敗のない債務整理が出来ます。
費用は掛かりますが、失敗するリスクよりも借金を減額出来るメリットを考えらばプロへの相談は大切です。
多額の借金があり、マイホームを持っていてどうしても手放したくない人にはこの債務整理の中で個人再生が適しています。
個人再生は、安定した収入がありマイホームを守りたい人に適した方法です。
安定した収入に関しても、アルバイトやパートでも安定した収入があれば可能です。
裁判所の監督下で借金の支払いを一旦停止し借金総額を大幅に圧縮して、その圧縮した借金を3年間に分けて分割払いを継続すれば、残りの借金は免除されるというものです。
しかし、離婚をしていて養育費を支払っている人の場合には、その養育費は個人再生を行っても減額される事はありません。
養育費は、決められた通りに支払いを続けなければいけません。
しかし、個人再生をすれば借金が、圧縮されますので、その分で養育費を払う事は可能なはずです。
もし、それまでに養育費の未払い分があった場合には、その未払い分も減額される事はありませんので支払わなければいけません。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ