個人再生計画案を提出する前に|個人再生の流れ

個人再生計画案を提出する前に|個人再生の流れ

個人再生計画案を提出する前に|個人再生の流れ

個人再生を認めてもらうには再生計画案というものを作成して提出し、債権者の同意を得て裁判官に個人再生を許可して貰う必要があります。
個人再生で債務が免除される条件は、この再生計画案に従って残債務を完全に返済し切ることです。20%までに削減された債務を3年から5年の期間をかけて返済していくことになるのですが、この返済計画が再生計画案なのです。
個人再生は残った債務の返済を約束して債務の免除を願い出る性質のものですから、それを認めてもらうにはきちんと返済をしていけるということを債権者および裁判官に示さねばなりません。彼らを説得する材料がまさにこの再生計画案であり、これの作成が個人再生が許可されるかどうかの鍵だと言ってもよいでしょう。
説得力のある再生計画であるために、月々の返済額やそれにかかる日数は現在の収入に応じて無理のないものに設定するのが普通です。逆に言えば十分な収入がなく説得力のある再生計画を立てられなければ個人再生は不可能だということです。
ただし、この再生計画案に反対する債権者はあまりいないのが実情です。個人再生が頓挫した場合、債務者は十中八九自己破産することになります。こうなるとさらに受けられる返済の額が減るので、不満があっても個人再生を受け入れたほうが債権者も得をすることが多いからです。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ