個人再生の保証人とは?※個人再生の流れ手続き方法

個人再生の保証人とは?※個人再生の流れ手続き方法

個人再生の保証人とは?※個人再生の流れ手続き方法

個人再生をした場合、それまで使用していたクレジットカードは、カード会社に返却しなければなりません。クレジットカードはクレジット会社のものであるため、個人再生を行うと契約を解除されるため、返却する必要があるのです。

使用していないカードであっても、返却しなくてはなりませんし、新しく発行する場合は5年から10年の間は審査に通過できないことがほとんどです。 個人再生を行うと、個人信用情報機関に登録され、その情報は5年から10年は保存されます。
原則として借金が5分の1から10分の1に減額されるため、債務者の返済は楽になりますが、クレジット会社側は、貸し倒れのリスクを防ぐためにカードの利用や新しいカードの発行を許可しません。

家族が契約しているクレジットカードの場合、審査は申込者本人だけが審査されますし、利用も本人に限定されているので全く問題はありません。しかし、個人再生をした人が連帯債務者や連帯保証人などになった場合は、連帯債務者や連帯保証人として相応しくないと判断され、審査に通らない可能性もあります。さらに、クレジット会社と個人再生をした人が関係していた場合は、調べられ、審査が通らないケースもあるようです。

個人再生を行うと数年はクレジットカードを作ったり、所持することはできませんが、借金の問題は解決されます。弁護士などの専門家に相談して、個人再生を行った場合のメリットとデメリットを考えた上で行うとよいでしょう。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ