個人再生の必要書類は何がいるの?《書類・費用一覧ガイド》

個人再生の必要書類は何がいるの?《書類・費用一覧ガイド》

個人再生の必要書類は何がいるの?《書類・費用一覧ガイド》

個人再生の必要書類

個人再生の際に、申し立て必要書類は
必要な種類がとても多いんです

 

書類

申立書
陳述書
財産目録
債権者一覧表
住民票写し
委任状
収入を証する書面
財産価格証明書
預金通帳等
所有不動産の登記簿謄本
住居の賃貸借契約書
可処分所得算出シート
宛名シール
民事再生規則

 

…等が必要になります。
必要種類はきちんと揃えることで、
債務整理も成功しやすくなります
(嘘の情報はバレたら犯罪にあたる場合も)

 

裁判所費用

申立手数料:収入印紙 1万円
予納郵便切手:90円×30枚,80円×10枚,50円×10枚,10円×10枚
予納金:
代理人弁護士が付いている場合 1万1928円
代理人弁護士が付いていない場合 21万1928円

 

裁判所によって必要書類・費用の違いがあるので、
裁判所か弁護士などに問い合わせてみましょう。

 

自分1人ではとても大変で面倒な作業になってしまいます。
ただでさえ借金で疲れているのに、
書類を集めるだけでも気が滅入ってしまいます。
なので、弁護士に依頼することがお勧めになります。
わからないことは相談にものってくれるので、
熱心な弁護士を選ぶようにしましょう

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ