個人再生不許可について※流れ・期間無料相談で解決

個人再生不許可について※流れ・期間無料相談で解決

個人再生不許可について※流れ・期間無料相談で解決

債務整理には色々な方法があります。その中のひとつに、個人再生があります。個人再生は将来において継続的に収入を得る見込みがある人であり、支払不能のおそれがある借金を抱えていること、借金総額が5000万円を超えない場合、利用することが出来ます。個人再生は、自己破産のように借金がゼロになる訳ではありませんが、減額されます。また、任意整理のように弁護士や司法書士が債権者と交渉するのではなく、裁判所に申し立てをすることで手続きが行われます。
この個人再生で債務整理をすると、色々なメリットがあります。まず、借金が減額されますし、返済も分割返済できます。但し、住宅ローンの支払いに関しては全く変わりません。住宅や自動車などは失わずに済みます。債権者の取り立てが止まりますし、強制執行も出来なくなります。自己破産のような資格制限もありません。もちろん、信用情報には記載されるため、借金は出来なくなります。
この個人再生は、自己破産が出来なかった場合に別にとる方法のひとつです。自己破産は免責不許可で行うことが出来ないことがあります。免責不許可になるのは、借金の理由がギャンブルや遊興費であったり、7年以内に自己破産を一度している場合などの不許可事由にあたる場合です。免責不許可の可能性が高い時は、個人再生の手続きを行うことが多いです。個人再生には破産法で規定される免責不許可事由のような定めがないためです。但し、再生手続き開始の条件などがありますので、注意するようにしましょう。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ