賢い個人再生!!デメリット編:クレカ・住宅ローン

賢い個人再生!!デメリット編:クレカ・住宅ローン

賢い個人再生!!デメリット編:クレカ・住宅ローン

個人再生のデメリット

住宅を手放さずに借金の減額ができる個人再生ですがいくつかのデメリットがあります。

 

まず地方裁判所へ申し立てを行うので、官報に掲載されます。
また信用情報機関に掲載されますし、ブラックリストにも載ることになります。
そのため5年から7年くらいは、銀行などのあらゆる金融機関から新たな借り入れをすることはできなくなります。
ローンを組んだりや新しくカードを作ることもできません。

 

個人再生を利用できる人は将来にわたって継続した収入が見込める人なので、
年金収入がある、配偶者などに収入がある場合を除いては本人が無職の場合は利用できません。
また住宅ローン以外の借金の総額が5000万円以内の人に限られます。

 

自己破産のように借金がゼロになるわけではなく、
返済期間も3年以内と決められていますのでその期間内に返済していく必要があります。
住宅ローンは減額されませんので、住宅ローンを返済し必要な生活費も確保しながら3年で返していかなくてはなりません。
このため大幅な借金の減額が望める個人再生ですが、
もとになる借入金額が大きい場合には月々に返済が個人の支払い能力を超えてしまう場合もあります。
その場合には、別の債務整理方法を検討する必要が生じます。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ