自転車操業で悩んでいるなら!※

自転車操業で悩んでいるなら!※

自転車操業で悩んでいるなら!※

銀行や消費者金融から借り入れた借金について、借金がかさんで返済が難しくなることがよく見受けられます。借金を借金で返済するということは自転車操業となっていて、いつまで経っても返済が終わらないばかりかその借金に苦しめられることにもなりますので、返済がこれ以上難しいと思った時には弁護士や司法書士といった法曹の専門家に相談することが重要です。
借金を法的に整理する方法にはいくつか種類があり、一番よく知られているのは自己破産でしょう。また、企業の倒産時によく知られている民事再生も個人版でも同様のものが存在し、こちらは個人再生という言い方をしています。
この個人再生では、借金をしている本人が手続きをとるのは事実上不可能ですので、弁護士や司法書士に依頼して個人再生手続きを依頼することとなってきます。この手続きでは、借金の理由が問われない変わりに定期的な収入があることなどが前提となりますが、3年間で借金の総額の5分の1を返済すれば、残りはすべて免責つまり返済をしなくてもよいというものです。
この個人再生の利用には裁判所への申し立てが必要ですが、その認可を受ければよいだけで債権者つまり金を貸した側の許可などは必要がないため、3年間で返済が出来る見込みがあるのであれば、弁護士や司法書士などもこの手続きを行いたいと依頼者に説明するケースが多いのが実情です。
3年間で返済が出来る見込みがない場合には、この手続きは取れないことに注意が必要です。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ