自己破産の相談は誰にすべき?|個人再生の流れ.com

自己破産の相談は誰にすべき?|個人再生の流れ.com

自己破産の相談は誰にすべき?|個人再生の流れ.com

借金が返済不能になりなんとかしたい、しかし、誰にも知られたくない。
内緒で自己破産は可能なのでしょうか。

まずは一人暮らしの場合です。
この場合は、ほぼ間違いなく誰にも知られる事はないでしょう。
弁護士に頼んだ場合、その時点で郵送物はすべて弁護士の事務所に送られます。
金融業者は弁護士に破産の相談をした時点で、破産者やその家族に直接連絡を取る事ができなくなります。
ただ一点知られる可能性があるとしたら、官報です。
官報には、破産宣告を受けたときと免責を受けたときの2回にわたり、自分の名前や住所が載ります。
しかし、そもそも官報の存在自体ほとんどの人が知らないので、心配は要りません。

問題は同居の家族がいる場合です。
破産する際には家族の通帳や収入証明、保険証書が確実に要ります。
裁判所としては収入隠しを恐れるので、通帳や保険は念入りに確認されます。
家族に隠れて通帳や保険証書のコピーを手に入れるのは、家での立場によって難しさが変わるでしょう。
また上で郵便物に関して問題はないといいましたが、それは免責確定までです。
それ以降は弁護士との契約が切れるので、郵便物は全て普通に届きます。
その郵便物の中に、官報を見たヤミ金業者がダイレクトメールを送ってくる可能性が高いのです。
自己破産したことは書かれないでしょうが、家族が不審に思う可能性はあるでしょう。

どちらにしても、家族に内緒で自己破産したい場合は弁護士に必ず相談しましょう。
親身になって相談に応じてくれます。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ