自己破産専業主婦でも借金返済可能?※手続き流れ

自己破産専業主婦でも借金返済可能?※手続き流れ

自己破産専業主婦でも借金返済可能?※手続き流れ

主婦でも、様々な事情があってどうしても借金を抱え込んでしまいそれが返済できなくなってしまったときには、自己破産を考える方もいます。

自己破産するときには、破産手続き開始および免責許可の申立書や住民票の写しなどの他にも、源泉徴収票のコピーや専業主婦なら非課税証明書が必用になってきます。
また、自己破産をすると借金はなくなりますが、99万円以上の現金や20万円以上の預貯金などの高額な財産は失うことになります。

住宅を購入しているときは、夫の名義になっていても共有財産と判断されると差し押さえをされます。
無担保や保証人なしのキャッシングなどはそのまま借金がなくなりますが、連帯保証人などがある融資では連帯保証人に支払の請求が行くことになるので事前に行うことを知らせる必要があります。

それが、家族でも他人でも同じことで、例え離婚したとしても支払の義務はありますので、もし保証人が支払いが難しい場合は保証人も債務整理を行うことになります。
自己破産すると、様々な制限があります。
そのため、債務整理の中でもどうしても返済が出来ないというときに行った方がよいです。
もし、少しでも返済が可能なら、任意整理という方法もあります。
任意整理だと借金はなくなりませんが裁判所に通すことなく、官報などにも掲載されません。

主婦でも働いているならその収入、そして借入の状況などを把握して、専門の弁護士などに相談して最適な解決方法を提案してもらった方がよいでしょう。








個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ