2回目の自己破産について※個人再生の相談弁護士

2回目の自己破産について※個人再生の相談弁護士

2回目の自己破産について※個人再生の相談弁護士

自己破産は申し立てから免責の決定が降りるまでにトータルで4ヶ月から6ヶ月程度必要になります。
自己破産の流れとしては、まず借金の残高などの債務関係についての情報収集を行い、自己破産申立書の作成を行います。この時、申立書に添付する必要書類も同時に収集します。これらの書類をすべて揃え、裁判所に不備なく申し立てができれば手続きの大部分は終了です。
裁判所に申し立て以後の流れとしては、破産の申し立てとして出頭1回目があります。申立人の住所地を管轄する地方裁判所に提出し、裁判所書記官より自己破産の要件は満たしているかや書類に不備がないか、免責不許可事由がないかなど細かくチェックが行われ、問題がなければ申し立てを受け付けてもらえます。約1ヶ月程度たつと出頭2回目があります。裁判官から申し立て内容について支払い不能になった状況などについてを質問されます。数日後に破産の決定がされ、破産者にめぼしい財産がない場合には、同時廃止決定となります。申立人にめぼしい財産がある場合には、破産開始決定後に破産管財人の選任があり、債権者集会、債権の確定と配当後、破産手続き終了という流れになります。
財産がある場合でもない場合でも破産手続き終了後には、出頭3回目が行われます。免責不許可事由についてを裁判官から質問を受けます。債権者の異議申し立て期間を経て免責の決定となり、官報に公告されます。約2週間程度で免責の確定となるため、これで借金が帳消しになります。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ