自己破産と免責について理解しておくとよい常識とは?

自己破産と免責について理解しておくとよい常識とは?

自己破産と免責について理解しておくとよい常識とは?

どうしても借金を支払うことができなくなった時、自己破産という選択肢があります。しかしこの自己破産には、さまざまな手続きが伴います。個人の自己破産手続きの際に重要なポイントとなるのが、「同時廃止」です。同廃止とは、破産宣告と同時に破産手続きを終わらせてしまうことを言います。貸金業者に配当する財産がない場合や、免責不許可事由がない場合は、同時廃止になります。法人や個人事業者などが自己破産をする時は破産申立人の資産を集め、お金に換えて債権者に平等に配当する破産手続をとりますが、この手続きは裁判所が選任した「破産管財人」が行います。しかし個人の自己破産の場合、債権者に配当する資産がないことがほとんどなので、破産管財人の仕事がないため、裁判所は「破産管財人」を選任しないで破産手続を廃止します。この破産廃止の決定と、破産開始の決定が同時に行われるため、「同時廃止」という呼び方をします。破産管財人にかける費用や手間を省き、手続きをより迅速かつ自己破産者の手続きの負担を軽くするために、この同時廃止の制度があります。同時廃止となれば破産者に財産がないため債権者には配当は一切出ず、引き続き「免責許可の決定」の手続きを行います。平成17年の新破産法の改正によって、破産手続開始の申立てがあれば、原則として免責許可の申立てもあったとみなされるため、免責申立てを特に行う必要がなく、さらに手続きが迅速になっています。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ