自己破産の費用ってどのくらいかかりますか?|個人再生の流れ.com

自己破産の費用ってどのくらいかかりますか?|個人再生の流れ.com

自己破産の費用ってどのくらいかかりますか?|個人再生の流れ.com

今回初めて自己破産したいけども、裁判所が絡むのは必至なので、高額な費用がかさむのではないかと不安な人も大勢いると思います。
もし費用を安く抑えたいなら自力で手続きを完結する方法や、弁護士と契約して同時廃止事件で処理を進めてもらう方法があります。
自己破産費用は、債権者に配当すべき資産が残っていないほど、裁判所の利用手数料(予納金)は少なく、10~20万円程度で済みます。
あとは破産・免責申立書に貼付する収入印紙代1500円と、裁判所からの書面通知に掛かる郵券代3000~10000円程度を用意しなければなりません。
ここまでが自力で手続きする場合の費用相場になり、弁護士を雇う場合は着手料として最低20~40万円が必要になり、成功報酬については事務所によって請求をしない所があります。
もし財産価値が高いものを残していたり、債権者に分配される物品・金銭が多い場合は、破産管財人が置かれて管財事件として扱われるので、予納金を50万円程度支払う必要が出てきます。
しかし自己破産する人の多くは、無収入であったり、それほど資産を所持していない人が大部分なので、管財事件に発展することは稀なケースです。
弁護士費用の支払いに困った場合は、速やかに担当の事務所に分割支払いの相談をするか、法テラスの費用扶助制度を利用するのも1つの考えです。
ただ予納金や郵券・収入印紙代の一時立替えは法テラスでも実施していないので、これだけは自分で確保しておくほうが無難です。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ