自己破産同時廃止の場合※個人再生の手続きの流れ~まとめ~

自己破産同時廃止の場合※個人再生の手続きの流れ~まとめ~

自己破産同時廃止の場合※個人再生の手続きの流れ~まとめ~

自己破産は免責が確定する事で破産が成立するものです。
免責が確定するまでには、破産管財人による財産の調査や換金などが行われていきます。
また、破産管財人は免責を確定させるための財産の管理も行う事になります。

因みに、破産管財人は裁判所が選任を行った弁護士などの法律家であり、自己破産を行う時に依頼する弁護士は別の人物となります。
また、破産管財人による自己破産の事を管財人事件などと言われているのです。

事件と言うと悪い事をしたようなイメージを持つ人も多いものですが、裁判所で行われる審議と言うものはどのようなものでも事件と言う呼び方をすると言います。

尚、破産管財人は必ずしも専任されるものではありません。

自己破産をする人の事を債務者と言いますが、債務者は財産を持っている人もいれば、財産を持っていない人もいます。
財産は債務者の資産であり、資産は債権者に対して分配されることになります。

そして資産にはそれぞれ価値と言うものが有りますので、免責が下される前にその価値を見出して換金を行い、債権者に対して債務率に応じて分配を行うことになるのです。

破産管財人はこれらの作業を行うために専任されるもので、債務者に換価する価値を持つ財産が無い場合には破産管財人の役割が有る仕事が無いため専任されないのです。
また、この場合は申し立てを行い破産手続きが開始されると同時に免責が確定すると言う同時廃止という形で破産手続きが進められていくことになるのです。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ