自己破産後の車ローンについて※手続きの方法と期間

自己破産後の車ローンについて※手続きの方法と期間

自己破産後の車ローンについて※手続きの方法と期間

大きな負債を抱えてしまい返済することが不可能である場合に申請することができる自己破産という制度があります。この制度を利用すると大きな借金があったとしても一定の条件のもとで債務が帳消しとなります。この仕組みを使って人生の再起を図ることができるのですが、極めて高い代償を支払うことになりますので誰にでも気軽に利用することを推奨できる制度ではありません。
この自己破産が認められた場合、基本的に殆どの財産は没収の対象になります。まず住宅や土地を所有している場合にはその所有権を失うことになります。従って舵道具なども連動して失うことになるでしょう。また車などの財産も没収の対象になります。たとえそれが生活必需品であっても認められることはありません。あらゆる資産に関しては差し押さえの対象となってしまうため、極めて生活への影響が大きいということが出来ます。自動車の場合には自動車ローンが残っていることもあるでしょう。そのような場合には負債の一種であるローンの残りに関しては払う義務はありませんが、車の所有権を失うことになります。そのためこれまでに支払ってきたローンは無意味になってしまうのです。
また自己破産を行うと信用を文字通り失うことになります。クレジットカードなど近代社会では当たり前の制度を使うこともできなくなりますので生活は極めて不便になるということができるでしょう。この様な大商と引き換えに負債を免除されるのが自己破産という制度の仕組みです。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ