破産宣告と官報についての知識※個人再生ガイド!

破産宣告と官報についての知識※個人再生ガイド!

破産宣告と官報についての知識※個人再生ガイド!

破産宣告は裁判所を通して行う手続きです。自身でする場合にも弁護士や司法書士に依頼する場合にも、一定の費用が掛かってきます。破産管財人の選任がなく、自身で破産宣告をする場合には2万円、弁護士に依頼する場合は20万円から50万円、司法書士に依頼する場合は15万円から30万円が費用の目安です。
高いと感じる場合は、根気よく裁判所に出向く事で抑えられる費用です。自分の為にすることなので、多少の努力は必要かもしれません。ほんの一部ではありますが、悪徳の法律事務所もあるので、利用する業者を選ぶときには注意が必要です。
法律扶助制度を使って破産宣告する場合には、法テラスが費用の何割かを立て替えてくれます。詳しく見積もりを取りたい時は、ネットを使って簡単に調べることも相談することも可能です。
債務整理の中でも、自己破産は最終手段とも言える方法です。状況によっては、他の手続きを取るほうが良い場合もあるので、専門家に相談することをおすすめします。
破産宣告すれば、官報に名前が記されます。一般的に読まれる事はあまりありません。また、破産者名簿にも記載されますが、第三者が閲覧することはできません。信用情報機関に登録されると、一定期間はクレジットカードが作れなくなったり、車のローンが組めないなどの不自由があります。住宅を持っている場合には手放すことになります。破産宣告から住宅の売却に掛かる期間は半年が目安です。その間に家を出ることになります。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ