破産宣告後何年でローンが組める?※無料相談

破産宣告後何年でローンが組める?※無料相談

破産宣告後何年でローンが組める?※無料相談

破産宣告後はどのような生活を送ることになるのか、その影響について不安を感じてなかなか申立てに踏み切れないという人もいます。自己破産という手続きは、借金の全額を免除してもらえるという債務者にとってありがたい手続きではありますが、その代わりに所有している自宅や貴金属、ローンが残っている家電や車といった財産もほぼ全て失うことになります。しかし、新破産法では破産宣告後の生活に悪影響を及ぼすことがないように、手持ちの資産の内100万円程度は残したままで破産ができるようになっていますので、車や家電製品などもほとんど手元に残しておくことができる場合もあります。
破産宣告後に手元にとっておくことができる財産は、基本的には現金と預貯金です。しかし、これらだけでは資産が100万円に満たないという場合には、自由財産の拡張申立てをすることで、価値の下がった車なども残せるようになります。もちろん、高級車で今の買取金額が100万円を超えるといった場合には、差額を支払うか手放して別の車に買い換えるなどの必要がありますが、生活面ではこれまでとほとんど変わらない状態になりますので、大きな影響はありません。
基本的には、宣告後に最も生活環境が変わりやすいのは資産家が破産した場合のみで、通常は家を手放すことはあっても、それ以外の生活必需品は手元に残してこれまでどおり暮らせます。ただし、ローンは組めなくなるので家電などの買い替えには要注意です。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ