破産宣告についてデメリット・メリットを知りたい※無料相談

破産宣告についてデメリット・メリットを知りたい※無料相談

破産宣告についてデメリット・メリットを知りたい※無料相談

自己破産とは、自分の収入や財産で債務を支払うことができなくなった場合、裁判所に「破産申立書」を提出し、全ての借金をゼロにするという手続きです。破産の申立ては、債務者の住所の最寄りの地方裁判所で行ないます。現時点で、負債の額、収入、資産等の状況から、支払い不能と認められれば、破産宣告が下されます。裁判所から「破産宣告決定書」が申立人に渡され、債権者名簿に掲載した債権者に対しても同様に破産宣告決定書が送付されます。自己破産の申立てをしても、浪費やギャンブルが原因、財産があるのに隠したなどは、免責不許可事由とされていますが、裁判官の裁量で免責を認めてくれる場合もあり、実際に免責が不許可となるケースはあまりありません。自己破産は全ての借金を帳消しにできるなどメリットもありますが、今後約5~10年間の借入ができなくなるなどデメリットもあります。債務整理の方法には自己破産以外にも個人再生、任意整理などいろいろな方法があるので、まずは家計を見直し、支出にムダがないか等検討し、どうしてもそれらの方法で解決できない場合の最後の手段として、自己破産を選択する方がよいでしょう。自己破産申立てに必要な費用はおよそ2万円ほどですが、司法書士等に依頼する場合、印紙代、予納金、切手代や通信費、裁判所へ出頭する日当も含まれた費用がかかります。支払いが困難場場合、一定の資力基準をみたせば、「民事法律扶助」を利用し、費用を一時的に立て替えてくれる制度もあります。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ