個人再生の費用|個人再生の手続きの方法と流れ

個人再生の費用|個人再生の手続きの方法と流れ

個人再生をする場合にかかる費用について

個人再生は他の債務整理と比較しても、手続きを完結するまでの期間が長く、再生計画の立案や債権者との会談など、専門知識と労力が要する過程が多々あります。
従って個人再生に掛かる費用は、債務整理の中でも一番高額な手段である事は間違いありません。
まず自己破産手続きと共通する基本費用は、裁判所に納める予納金や債権者への通信・切手代、収入印紙代などで約3~5万円になります。
個人再生では、再生計画案を作成するにあたって、監督・指導の役割を担う再生委員を裁判所側から選任してくる場合があり、この再生委員への報酬が15~20万円プラスで発生します。
但し弁護士や司法書士の仲介によって裁判所へ再生手続きを申し立てた場合は、再生委員へ支払う報酬が安くなるケースがあり、または再生委員が初めから設けられない事もあります。
自分で個人再生を裁判所に申立する時の全費用は約25万円程になりますが、現実では非常に煩雑且つ難解な手続きですので、債務者本人が自力で最後まで手続きをやり通すのは難しいです。
ですから個人再生を適用したい時は、弁護士または司法書士に依頼するほうがスムーズに事が運び、債権者への弁済も早くスタートできます。
個人再生する場合の弁護士報酬は別途に掛かり、大手か個人事務所に依頼するかで費用の違いはありますが、弁護士であれば30~70万円が相場と考えて良いでしょう。
また司法書士に依頼する場合は、20~30万円程度に費用が抑えられますが、個人再生手続きの実績・経験共に豊富なのは弁護士のほうが圧倒的に多いです。
このように個人再生費用は、弁護士報酬と裁判所へ納める費用などを合わせると、費用の負担が非常に大きいです。
もし目星をつけた弁護士に正式依頼する時は、事前に支払方法や分割払いの有無をよく確認して決定する事がお勧めです。

個人再生の手続きのポイントとは?

最適な手段を選ぶ
個人再生が本当に適しているのか、一度診断してみましょう。
【無料】借金問題解決シミュレーター

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士に相談
手段がだいたい決まったら、弁護士に相談してみましょう。
⇒無料相談できる弁護士事務所の紹介はこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ